お勧めレーザー治療

美容皮膚科でのニキビやニキビ跡にはレーザー治療が使われます。そんな中でもフラクセルと、アンコア(ブリッジセラピー)は、よく使われるタイプです。まずフラクセルは肌の奥まで作用し、ニキビ跡のクレーターや色素沈着などを改善します。ダメージを修復して新しい肌に生まれ変わることができるのです。フラクセルはクレーター状のニキビ跡の改善、毛穴の開きや肌のごわつきの改善。従来の施術より1回の治療効果が高くなっています。そして小じわやくすみなどの美肌治療もできるのです。そして毛穴治療もできます。深いところまで作用するからこそ、ニキビ跡にも効果があるのです。

ニキビが気になる

アンコア(ブリッジセラピー)は深いクレーター状のニキビ跡を改善します。そして毛穴の開きや色素沈着を改善することができます。従来の施術にくらべ1回での治療効果が高まりました。また肌の引き締め効果も抜群。シミやくすみなどの改善にも効果があり美白効果も抜群です。今まで何をやっても改善できずにあきらめていた深いクレーターや、色素沈着もアンコアなら改善できます。痛みはフラクセルに比べ多少強くなりますが、効果も相当期待のできる結果が出るはずです。アンコアはCO2(炭酸ガス)レーザーを使用した、最先端の「肌再生」レーザー。他のレーザーでは難しい、クレーター肌といわれている肌のでこぼこや赤みにおすすめです。

ニキビ跡はレーザーで

ニキビ跡のスキンケアは、やはりレーザー治療が一番です。美容皮膚科ではニキビ跡を、殆ど見えない状態まで持っていくことができるため、ニキビ跡で悩む人には是非おすすめの施術です。昔ならニキビ跡はもう治らないとあきらめられていました。しかし今はレーザー治療があるので、どのように重度なニキビ跡でも相当目立たなくすることができるのです

まずニキビ跡には幾つかの種類があります。ボックスタイプの場合、凸凹はそれほど深くないものの、その境目がはっきりしてしまっているタイプで、特に凹部分が浅いタイプのことを言います。ローリングタイプは凸凹が緩やかで、5㎜程度の広いクレーターがあるタイプです。アイスピックタイプは見た感じは約2㎜程度の小さな穴ですが、実は奥深く細胞が傷付いているというタイプです。

のちのち色素沈着などが出てくる可能性が高いタイプです。色素沈着タイプは炎症によって、赤みや茶色のシミが残ってしまったタイプのことを言います。炎症が深くまで進んでいたものは、色素沈着が深く改善に時間が掛かります。これらニキビ跡に合わせてレーザー治療をしていきますが、特にニキビ跡にはフラクセルとアンコア(ブリッジセラピー)というレーザー治療が人気です。

美容皮膚科でスキンケア

美容皮膚科では気になるスキンケアをしっかり行ってもらえます。特に最近はアンチエイジングやニキビなどのスキンケアが人気です。そんな美容皮膚科でのニキビ治療に関するレーザーを利用した施術について考えて見ましょう。まずシミに対応するレーザー治療があります。ニキビ跡には必ず残ってしまうと言っても過言でないシミ。それも色素沈着してしまったシミはレーザー治療が最適です。次に毛穴治療があります。毛穴の中をキレイにし、毛穴の中の詰まりを摂ります。毛穴には黒ずみ毛穴、ニキビ毛穴、角栓毛穴という3種類があります。肌の収れん機能を高め開いた毛穴を閉じることで、老廃物が溜まらないようにしていくことも、ニキビ予防には重要なことです。

美容皮膚科でスキンケア

またニキビ跡の凸凹を目立たなくする施術も、レーザー治療だからこそできるとも言えます。やはり凸の部分を単に薬剤でピーリングしてもなかなか深い凸凹は平らになりません。そこを極力平らにできるのはやっぱりレーザー治療です。また皮脂分泌異常が起こっている場合は、レーザー治療によって毛穴の詰まるメカニズムを整えることも必要となります。レーザー治療だけでなく、ニキビ予防は食生活や睡眠などの改善も必要となってきます。他にも美容皮膚科ではレーザー治療によって、シワやたるみの予防や改善もできます。ニキビ跡の改善をすると同時に、毛穴を引き締めることからシワやたるみを改善も同時にできてしまうことにもなります。